2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

Tren-Drive「FXで勝ち続ける為の10の習慣」

 【26//2015】


Tren-Drive「FXで勝ち続ける為の10の習慣」

レビュー内容

この商材は、トレーダー育成専門学校のような感じですね(^^)。
申し込むと(購入)と受講生専用サイトにログインするためのIDと、
パスワードを受け取り、そこにアクセスして動画を見るというシステム。

謳い文句は・・・・・・・・・・・・・。
「できる限り万人が実践できるような再現性の高いロジックのご提案」
と言う大変謙虚な物の言い回し・・。
要は「誰でもできる」という事ですが(^^;
それでも、上から目線ではない言い回しに好感を持てます(^^)。
「FXに生活を支配されない。FXを自分の夢や目標を達成するための手段として上手く活用することによって、心にゆとりができる事になりトレードの成績が上がる。そんなプラスのサイクルを作り出せるようなFXトレーダーの習慣を身につけていただく事を目的とします」
FXに生活を支配されない・・・本当にその通りです。
仕事から帰って夕食を澄ますと、PC画面に張り付いたまま・・。
家族との会話もないような状態では、何のためにFXを始めたのか?
あくまでもFXは自分の夢や目標を達成するための手段です(^^)。

カリキュラムは、動画本数は全部で68本。
合計収録時間は502分39秒・・・・約8時間40分程です。
カリキュラムは10ヶに分かれていますので、
短時間で制覇するのではなく、それこそ学校の授業を受けるつもりで、
日別や曜日別に1日1つずつ動画を見ていくのがいいでしょうね。

カリキュラムの内容。
第一の習慣
*ご挨拶とまずやるべきこと。
*FXは自己責任。
*手法とルールについて。

3つの項目ですが、この内容で直ぐに手法とルールについてに飛びつく方は、トレードでも騙しに会いやすいのではないでしょうか(^^)。
購入したら直ぐに手法を知りたいのはわかりますが、
まずは「心を落ち着かせる・心を整える」これから始めましょう。

第二の習慣
*MT4の各ボタンの説明
*ラインの引き方。
*テンプレートの使い方。
*インディケーターの導入。
*フィボナッチの設定。

上記から読み取れる事は・・・・・・・・・・。
チャートはMT4を使い、サポート&レジスタンスラインや、
フィボナッチを使う事で、ライントレードにも似た感じをイメージ。

第三の習慣
*トータルで勝つと言う考えかた。
*FXで負ける人のパターン。
*損切りの重要性。
*勝率とリスクリワード。

ここで一度、メンタル面の重要性を説いているようです。
FXで負ける人のパターンは、
第三の習慣を飛ばしていきなりトレードをする方でしょうね(^^;

第四の習慣
*波動とは?
*トレンドとレンジとは?
*I波動とN波動。
*推進波と調整波
*波動のチャートパターン。
*押し目買いと戻り売り。

波動とは?これはエリオット波動(ウエーブ)の事か、
もしくはビランデルの法則かな?
エリオット波動に関して、私の倶楽部でも解説をしており、
実際のトレードでもイメージの中に常にあり、
裁量トレードするにおいてかなり重要だと思います。

第5の習慣
*ライン(水平線)とは?
*サポート&レジスタンスとは?
*トレンドライン・チャネルラインとは?
*投資家の心理をラインで読み取る。

第二の習慣で予想した通りに、ライントレードが出てきました。

第6の習慣
*相場の環境認識とは。
*トレンドとレンジ。
*複数時間足での環境認識。
*ベースの時間足を決める。
*時間足相関のトレードの流れ。

トレードで一番大事なのは、相場の環境認識だと思っています。
これができていないと、
エントリーサインはただの悪夢への誘いに過ぎませんからね(^^;

第7の習慣
*ロウソク足の使い方
*ロウソク足のパターンを理解する。

私もトレードにおいてロウソク足のパターンは使っています。
ある相場状況においての、
はらみ足・含み足・N字反転・反転シグナルは、
エントリーサインとしても十分使えるものです。

第8の習慣
*フィボナッチとは?
*コンフルエンスとアグリーメント

フィボナッチを詳しく解説している項目ですね。
ライントレードをするトレーダーの多くは、フィボナッチを使いますが、
必ずしも必須とは思いません。
情報過多になるようでしたら、フィボナッチの使い方だけ、
見ておくのもいいかと思います。

第9の習慣
*貴方のロジックを作ってほしい。
*Tren-Driveロジック
*Tren-Driveロジック(決済)

第8の習慣までが学習内容となり、その内容を元に最終的には、
自分のオリジナル手法の構築を目指す事を提唱しているのかな?
そうだとすれば賛同します(^^)。
結局、トレードで利益を上げている者は、
他人に教わったとしても自分のトレード手法を構築しています。

第10の習慣
*繰り返し実践する。
*守・破・離。
*ゴールを設定しよう。

以上がカリキュラムの内容ですが・・・・・・・・・。
私が受けたい(^^;
FX商材の域を超えて、FXトレーダー育成学校です。
受講期間は申し込み月(購入月)の翌月を起算月とした12ヶ月後の末日。
受講期間内であれば何度でも受講できるようです。
本当に、真剣にFXを学ぶのであればお勧めしたい商材なのですが、
さすがに価格が・・・・・・・・・・・・・。
298,000円!!!!!!!立派!。
1年間の専門学校に行くと思えば易いかも(^^)。

セールスレターでこれだけの情報を入れている事が、
内容に自信がある現れですし、価格にも反映しているのでしょうね。

貴方の決断次第です(^^)。

裁量トレーダーの指南書としては、
グランドセオリーFX
アドバンスド・ホーミングFX
ロジカルFX
Maestro FX
これらの商材も逸品ですのでご参考にしてください。


Tren-Drive「FXで勝ち続ける為の10の習慣」

日々の更新の心の支えでございます。
よろしければ、お好みのバナーに応援クリックをお願いします(^^)。
    ↓
  ブログランキング ドット ネットにほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ

スポンサーサイト

Category: Tren-Drive「FXで勝ち続ける為の10の習慣」

Theme: FX(外国為替証拠金取引)

Genre: 株式・投資・マネー

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する