2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

<投資に関しては風見鶏思考でいこう>

 【17//2016】


FX投資というモノは、円高になれば悲観して、
円安になれば楽観するというモノではありません。
株の場合は、若干そういう面もありますが、
為替の世界はどうかというと、どの国にお金が流れているか、
つまり、どの通貨が強いか、逆にどの通貨が弱いか、
それを把握して、強い方につけばいいという世界です。

日本人であっても、ドルを売って円を買う事が出来ますし、
アメリカ人でも、円を売ってドルを買う事も出来る世界です。

そして投資に関しては、風見鶏的な思考がいいと思います(^^)。

風見鶏的思考とは、つまり円とドルがあった時、円高になるなら、
円を買って、ドル高になるならドルを買う、という事をその場、
その場の状況でころころと変更できる思考です。

いや、俺は日本人だから、円を売ってドルを買う、
あるいはユーロを買うのが、為替投資だ!
と言って、世界の通貨に対して高い円を売る事しかしない人は
投資家ではないという事です。

円に乗っている、あるいはドルに乗っているフリでいいのです。
昔の武将は、大戦があった時、徳川につくのか?反対側につくのか、
まさに、天獄か地獄かという究極の選択に迫られる時代もありましたが、
為替の世界はそういう戦さの世界と通じるものがありながら、
そうでない部分もあるんです。

フリでいいのです。
ドルが強いと思えばドルを買い、
円が強いと思えば、円を買えばいいんです。
円高だから悲観して、円安だから楽観するというように
日本の投資家が利益を上げるための道は1つしかない、
というモノではありません。

強い方につくという考え方にシフトする事。
そしてその強い方を判断出来るトレードルールを作り上げる事。
FX投資で何年も利益を上げ続けるために重要な事です。

そして、悲観をチャンスと捉える感覚と、
楽観をチャンスとして上手く活用する感覚が残ります。
認識、捉え方を変えましょう。
ただ、間違って欲しくないのは、買いしかやらない!
それはそれでOKだという事です。

買いしかやらない!というトレードスタンスの人にとっても、
下落相場は重要な意味を持っています。
アップトレンドを形成した時に、買っていくための
下準備をする時間帯だからです。
今の相場を悲観として捉えるのではなく、
チャンスの1つとして捉えられるようなトレードスキルを
身につけて下さい。



テクニカル分析に特化したブログです。
こちらも随時更新していきますので、ご参考になればと思います。
    ↓
みみずくFX倶楽部のブログ~目指せ専業トレーダー~

日々の更新の心の支えでございます。
よろしければ、お好みのバナーに応援クリックをお願いします(^^)。
    ↓
  ブログランキング ドット ネット
スポンサーサイト

Category: 目指すべきトレード

Theme: FX(外国為替証拠金取引)

Genre: 株式・投資・マネー

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<テクニカル分析ってそもそもどういうモノか>

 【12//2016】

テクニカル分析とは、そもそもどういうものか?
説明できますか(^^)。

相場の形、値動きから特定のパターンが現れた時には、
こちらに傾きやすい、という確率の傾き、
優位性を表すための指標です。
つまり、この形が出たら100%こうなります。
という事を表しているモノではありません。

相場の値動きはファンダメンタルに支配されていますが、
その相場の値動きに対して、一定の確率の傾き、
優位性があるところを見るのがテクニカル分析です。
過去の相場の流れ、動きから、テクニカル指標は作られていますので、
今、相場で利益を上げられなかったとしても、
そのトレードを続けていたら利益を上げられる
という事が分かっているんです。
だから、途中で止めたり、変えたりせずに、
心配せずに続けていく事が重要なんです。
今がそうでなかったとしても、いずれ利益の上がる時間帯が来ます。

ほとんどの投資家は「今」に囚われすぎています。
いつも「今、利益を上げたい」「今、損失を何とかしたい」
と、考えています。
だから不安で押しつぶされてしまいそうになってしまいます。
でも、トレードで利益を上げられるかどうかは、
今ではなく、過去にどうしていたかに掛かっています。
今の相場の値動きに対して、過去どういう準備をしていたか?
そっちの方が重要なのです。

相場が今、分からないのであれば、
手を止めて視野を広げてみて下さい。
手を止めて視野を広げた時、分かる相場がありませんか?
その分かる相場で分かる事をしましょう。
分かる相場がなければ、分かる相場が出るまで待ちましょう。
そうやって未来の相場のために準備をしておくのが投資です。

分からない相場を無理やり分かろうとしたり、
分からないまま実践して、ひどい損失を出す世界ではありません。
投資家の方は、限りある資金の中でトレードをしています。
あせらずに、分かる事を実践して行きましょう。



テクニカル分析に特化したブログです。
こちらも随時更新していきますので、ご参考になればと思います。
    ↓
みみずくFX倶楽部のブログ~目指せ専業トレーダー~

日々の更新の心の支えでございます。
よろしければ、お好みのバナーに応援クリックをお願いします(^^)。
    ↓
  ブログランキング ドット ネット

Category: 目指すべきトレード

Theme: FX(外国為替証拠金取引)

Genre: 株式・投資・マネー

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<人のトレードルールを真似して利益を上げる事が出来るか>

 【09//2016】

今日のお話はズバリ!
人のトレードルールを真似して利益を上げる事が出来るか?
という事についてです。

例えば、皆さんが私のトレードルールを真似した時、
利益を上げる事が出来るかどうかという事でもあります。
その答えは、利益を上げる人もいれば、上げられない人もいます。
実際、私のFX倶楽部でも、順調に技術を伸ばしている方も
いれば、そうでない方もいます。

なぜだと思いますか?
私のトレードルールに限ってではなく、
人のトレードルールを取り入れて、
利益を上げられる人もいれば、上げられない人もいます。
なぜなら、自分のトレードルールは、
自分自身の中で、自分のモノでなければ
利益を上げる事は出来ないからです。

貴方の中で私のトレードルールが自分のものになっていれば、
利益を上げられますが、あくまでも私のルール(他人のルール)
という状態だと短期的に利益を上げる事が出来たとしても、
長期的に利益を上げ続ける事は出来ません。

自分のルールになっているから、当然、損失が続いたときも、
自分のルールを信じて、ひたむきにつづける事が出来ますし、
トレードに問題があった時も、自分で解決する事が出来ます。
どういう相場に強いトレードで、どういう相場の時には
損失になってしまうかという事も当然、把握できています。
でも、あくまでも他人のルールで、
なぜ、そこで買うかという事も何も分かっていない状態で、
とにかく私(あるいは他の投資家のルール)がここで買っているから、
という事だけでトレードを続けていていも、
損失が続けばその後どういうトレードになるのか分からないため、
怖くなって止めてしまいます。

私自身のトレード経験、そして、お話をさせていただいた
投資家の方々を見てきた中での結論では、
悩む事が多いトレードや悩みながらのトレードをしている人の
投資は不安定です。利益も上げられていません。

そして、悩まないトレードをするためには、
トレードルールは必須です。
それでも、だからと言って、他人のトレードルールを、
なぜ、そこで買うのか?あるいは売るのか?優位性は?
なぜ、その資金サイズ以下にしなければいけないのか?”
そのトレードルールはどういう相場の時に利益が上がって、
どういう相場の時には損が出てしまうのか?という強みと弱み
という事を理解しないまま、
その人はそのトレードで利益を上げているから
という理由だけで実践しても利益を上げる事は出来ません。

人のトレードルールでトレードして儲ける、という事は
とてもラクで簡単にできそうに思います。
私の倶楽部に入会して、一番初めの講義の時に、
どこで買ってどこで売るのか?それだけを教えてくれ!
というのが、口に出す事はないのですが、
こちらにありありと伝わってくる事があります。
どういうロジックで、どういうサインでというのが、
一番の興味であるからですね。
そして、説明すると…ポカ~んって感じになっています。
大概の方がです(^^)。
こんなもので利益がでるの?
こんなもので本当にトレードしているの?
と思われるのでしょう(^^)。
でもそれは、きちんとしたバックボーンがあるのです。
ですから、バックボーンを伝えなければ、
結局利益を上げる事は出来ないんです。


ぜひ自分のトレードルールを作って下さい。
儲かっている人に教わる、そういうトレードルールでもいいです。
最終的に、人のトレードルールを、自分のものにさせて、
自分のトレードルールにしてしまえばいいのですからね。
私のそうやって自分のものにしていきましたから(^^)。
その作業は地道なモノも要しますが、
それをする人は2割以下の勝ち組投資家、生き残り組になり、
そのプロセスをたどらず、目の前の相場でいかに利益を上げるか?
という事ばかりに焦点が当たってしまっている人は
いつまで経っても利益を上げる事ができません。

ぜひ、一歩一歩投資家として成長して行きましょう。



テクニカル分析に特化したブログです。
こちらも随時更新していきますので、ご参考になればと思います。
    ↓
みみずくFX倶楽部のブログ~目指せ専業トレーダー~

日々の更新の心の支えでございます。
よろしければ、お好みのバナーに応援クリックをお願いします(^^)。
    ↓
  ブログランキング ドット ネット

Category: 目指すべきトレード

Theme: FX(外国為替証拠金取引)

Genre: 株式・投資・マネー

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<利益を得る方はトレードを続けていた方です>

 【03//2016】

相場には、利益を得る事が実際厳しい展開の時期があります。
それは、トレード結果をアップしている私の成績でも、
見てわかるように、日々の相場に逆らう事はできません。

それでも、利益を出していきます。
なぜなら、あきらめずにトレードを続けていたからです。

大切なのは、厳しい状況・展開だからと言って、
為替相場から放れていくのではなくて、
自分が許容できるいつもの半分にしたり、
リスクを小さくしながらもトレードを続けていた人だけが
利益をあげているということです。
多くの人は、「もう無理、もう続けられない」
といって止めていってしまいます。
でも、一部の人は、どうすれば続けられるだろうか?
どうすればチャンスが来たときに乗ることができるだろうか?
というのをいつも考えています。
そういうことをしていける人が、投資で利益をあげ続けます。

ご自身が損切りが続いたので、エントリーを静観したら
トレンドが出来てしまう。と思ってしまっているのなら、
ご自身のトレードを振り返って考えてみてください。
売買ルールやトレード手法の違いによって
利益を取り損ねてしまったのか?
それとも、トレードを続けていなかったから、
利益を取り損ねてしまったのか?

多くの人は、損切りが続くと、「このトレードルールが悪い」
あるいは、「この投資手法は自分には合わない」
あるいは、「この売買ルールは自分の求めているものじゃない」
と言って止めてしまいます。
でも、実際は、投資法、トレードルール、
売買ルールが悪いわけではないんです。
多くの場合、個人投資家自身のトレードスタンス、
あるいはメンタルに問題があるんです。
どんなトレードルール、どんな投資手法であっても、
損切りが続く時間帯はあります。

そこで止めてしまっていては、いつまで経っても同じ課題、
同じ壁につまずいてしまって、前に進むことができません。

自分のトレードのどこに課題があるのか?
ということを考えていきましょう。
スタンス、相場の向き合い方が変われば、
行動が変わってきます。
そして次回には同じ失敗を繰り返さなくなります。
そうやって超えられなかった壁を越えていき、
利益を上げる日々を迎えることができるようになってきます。



テクニカル分析に特化したブログです。
こちらも随時更新していきますので、ご参考になればと思います。
    ↓
みみずくFX倶楽部のブログ~目指せ専業トレーダー~

日々の更新の心の支えでございます。
よろしければ、お好みのバナーに応援クリックをお願いします(^^)。
    ↓
  ブログランキング ドット ネット



Category: 目指すべきトレード

Theme: FX(外国為替証拠金取引)

Genre: 株式・投資・マネー

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<トレードルールはシンプルに>

 【02//2016】

トレードルールに従った行動で損失を出してしまったとしたら、
それは成功のトレードであって、失敗のトレードではありませんし、
トレードルールを曖昧な状態で、もしくは無視しての行動で
利器が出ても、それは成功のトレードではありません。

その事を踏まえたうえでお伝えしたい事です。
それは「トレードルールはシンプルに作ろう」という事です。
チェック項目は5~6つぐらいで、トレードが完結するようにしたいです。

5~6ぐらいのチェック項目でトレードルールを作って、
行動していけるとしたら、淡々とトレードをしていく事が出来ます。

サインが出たからエントリーして、
シナリオ通りに相場が動けば、利食いする事ができ、
シナリオ通りに相場が動かなければ、損切りに終わる
プロのトレーダーの方々がしているトレードは
実際、いつもシンプルだそうです。

それは、なぜか?
1、悩まなくてよい。
2、測定がしやすい。
3、続けやすい
この3つが主な理由です。

つまり検証して、
そのトレードルールが利益の上がるルールなのか?
利益が上がらない、あるいは上がりにくいルールなのか?
という事を相場検証、過去検証して
判別しやすいようにしておくためであり、
簡単で長期間に渡って続けられるようにして
ラクに毎日実践していくためです。

実は利益が上がるトレードルールはほとんどがシンプルです。
シンプルで自分が納得できるモノでなければ
続けられないからです。
もし、トレードルールを作ったはいいけど、
ルールを破ってしまう、あるいはルール通りにトレードが出来ない、
というようになってしまっているとしたら、

自分のトレードルールが複雑すぎないか?
誰でも続けられるようなモノに出来ていないか?
という事を確認して、複雑なモノであったならば、
シンプルにするにはどうすればいいか?
という質問を自分に投げかけながら、
より良いトレードルールに改良をして行きましょう。


テクニカル分析に特化したブログです。
こちらも随時更新していきますので、ご参考になればと思います。
    ↓
みみずくFX倶楽部のブログ~目指せ専業トレーダー~

日々の更新の心の支えでございます。
よろしければ、お好みのバナーに応援クリックをお願いします(^^)。
    ↓
  ブログランキング ドット ネット


Category: 目指すべきトレード

Theme: FX(外国為替証拠金取引)

Genre: 株式・投資・マネー

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る