2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:ロケットブレイクFX の記事リスト(エントリー順)

| |

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ロケットブレイクFX

 【04//2015】


ロケットブレイクFX





レビュー内容

この商材の謳い文句は・・・・・・・・・・・・。
「相場が急上昇する直前のピントがツールで一目瞭然で判断でき、
直前の下落すらも利益に変え、損切りをどこまでも利益に変換する」
との事です。
そして、損切りは・・・1Pipsに限定だそうで・・。
急騰・急落を取ると言う事でしょうが、
経済指標発表時のトレードなのでしょうか?
経済指標発表時は値動きが激しく上下動する事が頻繁にあるので、
損切り1Pipsは考えられず・・・。
ブレイクアウトの手法だと言う事は想像つきますが・・・。
セールスレターを見ていきます。

アップされているチャートを見ると、ボリンジャーバンドと、
水平線・トレンドラインが引かれていますので、
やはり、ブレイクアウトの手法のようです。
そして時間軸は15分足を採用されているようです。

チャートを見る限り、エントリーポイントらしきポイントで、
レジスタンスブレイクご一度戻していますが、
損切り1Pipsでかからなかったのでしょうか?

教え子との対談?の映像を見る事ができますが、
いつも商材を見て思うのですが、
この出演?している方はギャランティーは発生しているのかな?
全く関係のない事ですが・・・・・・。

教え子の90%以上を勝てるトレーダーに変貌させる講師らしいです。
勝てるのと継続して利益を出して行く事とは違いますからね(^^;

このロケットブレイクFXは、
1日に4回訪れる黄金の時間帯のみ狙うとの事。
要は、市場のオープンの時でしょうね(^^;

1日の市場は、
シドニー→東京(日本)→欧州(EU)→米(アメリカ)の順に、
市場がオープンしていきます。
そして、2つの市場が重なった時に、
ある値動きのパターンになっていたら、
某らのサインでエントリーしてブレイクを狙うと言う事かな?

注文方法はIFO注文のようです。
新規注文と損切り注文を同時に入れる注文ですね。
それをIF OCO(イフダン)注文にして、
利確注文もあらかじめ入れておくことはしないようです。
「通常は10Pips~20Pipsの利益となりますが、 
 勢いがある時は利幅を伸ばします」とあります。
エントリーが約定してから値動きの状況を見て、
決済を成り行きでしていくようです。
利益を継続的に出しているトレーダーならわかりますが、
エントリーポイントよりも利確基準が、
利益を左右するところですので、
このセールスレターからは、そのあたりが読み取れません。
エントリーよりも利確が一番難しいのですが・・・。

セールスレターの中で、簡単ではありますが、
ブレイクアウト手法の禁本的な事が書かれています。

そして、便利なツールが配布されるようです。
エントリー条件になってきたら、メール配信されるようです。
そして、IFOで注文を入れて放置。
エントリー注文が約定すれば、これまたメールで配信されるようです。
アップチャートが15分チャートでしたから、
まぁ~慣れれば大丈夫だと思われます。

そして、この手法の3つルールがありました。
1.4つの時間帯で行う。
2.トレンドを意識する。
3.3点目の抵抗体を狙う。

4つの時間帯と言うのは、市場のオープンの時間でしょう。
トレンドを意識するというのは、トレンドの認識をするルールが、
設定されているのでしょう。それで判断していくものだと思います。
次が重要ですね(^^)。

抵抗体とはトレーダーに特に意識される価格帯の事です。
直近の高値であったり安値であったりですね。
そしてこの値で2回反転していれば大チャンスという事です。
3回目に一気にブレイクする前触れと言う事です。

これをセールスレターで書いたら、
この手法のキモを言っているようなもの?

私は、一気にブレイクするポイントと言う事で、
上記の値動きのパターンを想像していて、
この知識なら、継続して利益を出しているトレーダーなら、
皆知っているレベルやけどなぁ~と思っていたのですが(^^;
この商材のルールのキモはこれではなかったのかな?
と思いながらレターを見ていくと・・・ありました。
この商材の本当にキモの部分。

「ある強力なルールを利用することで、
本当にブレイクするかしないかを、余裕で見定める事ができる」
これが、この商材の核心ですね(^^)。

ロケットブレイクFXのロジックという項目を見ると・・。
ブレイクを判断する時にPipsで判断する事によって、
再現性が高いトレードが可能となります・・とあります。
??????
と言う事は、そのPips数行かずに戻った場合は、
ブレイクしたとはみなさない、と言う事か?
そうなりますね。

それは数値ベースで理解しているとの事です・・・・・。

ブレイクポイントを自動で表示する機能が提供されるようです。
メールで配信してくれるのならいらないのでは・・。

他にもロジックの応用編があるようで、ある条件を満たすと、
より大きく突き抜ける値動きを狙えるとの事です。

私のレビュー評価ですが・・。
セールスレターを見る限りは、悪意・粗雑さは感じられません。
私の意見としては、ライントレードを習得すれば、
この商材のロジックは自ずとわかるのでは?
そんなイメージがあります。
ライントレードはブレイクアウト手法の基本ですからね。
ライントレード手法といえば・・→こちら">こちら

さて、価格ですが・・・・・・・・。
えええっえ~??
198,000円・・・・・・・・・。
これまた大きく出ましたね(^^;

現在、12月3日のこのレビューを書いている時点で、
先行募集終了まで、あと、5日と何時間と出ていました。


ロケットブレイクFX




日々の更新の心の支えでございます。
よろしければ、お好みのバナーに応援クリックをお願いします(^^)。
    ↓
  ブログランキング ドット ネット
スポンサーサイト

Category: ロケットブレイクFX

Theme: FX(外国為替証拠金取引)

Genre: 株式・投資・マネー

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。